上海之香

昨日江南料理の店「江南漁郷」で痛飲した。
上海料理といえば、通りがいいのに、
わざわざ「江南」というあたり、こだわりが感じられて食指が動く。
こちらは、かさごの揚げたののあんかけ。
かさごのさくさくがたまらない。

いただいたのは、こちらの紹興酒。

「上海で一番売れている」らしい。
なんといっても壜がおしゃれ。
このままコートの内ポケットにすべり込ませて、
ちびちびやりながら、旅などしたくなるようではないか。
こんなのをやりながら、江南料理をいただいていたら、
昔一度ライブに行ったことのある、
上海夜鶯」という中華音楽ユニットをふいに思い出した。
楽しかったなあ。
完璧な発音の中国語を交えた軽快なかけあいと、見事な中国歌謡。
解散して久しいのだけれど、もう一度彼らのライブにどっぷりひたりたい。
再結成してくれないかなあ。

広告

6 Responses to 上海之香

  1. ポコチャン より:

    6年前に解散してますね、知らないグループだけど。

  2. coffeebeans より:

    私知らなかったんですけど、
    紹興酒というのも日本酒のようにいろんなブランドが
    あるんですね・・・味もすこし違うのでしょうか?
    やっぱり中華料理には中国のお酒が合いますか?
    カサゴの揚げあんかけ、見た目(豪華)からして
    とっても美味しそうです!

    • slecfarm より:

      紹興酒も、ぴんきりです!お高い物はやはりお味もまろやか。この「石庫門」には、クコの実や生姜もブレンドされていて、養命酒っぽい香りもしました。
      中華料理にもいろんな地方のお味があって、それぞれの地元のお酒と合います。北の方のお料理だと、白酒という北のお酒が合いますし(*^_^*)

  3. ポコチャン より:

    人形劇??関係ないような?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。