キムジャン2010

今年もキムジャンいたしました。
それにしても、こんな暖かいキムジャンは初めて。
ヤンニョムを混ぜていると、汗が流れるほど。
毎年、外で白菜の塩漬けを水洗いして絞るのが、
小姑にいびられているってこんな感じ?
ってくらい辛い作業なんだけど、
今年は余裕でした。

キムチ作りの基本は、刻む・絞る・混ぜる。
特に「絞る」は、握力がなくなるほど何度も行うしんどい作業。
大根やにんじん、白菜の塩漬けを、
最低でも3回は絞って水気をとります。
ここで手を抜くと、水っぽいキムチになってしまいます。
ひたすら刻んで、絞って、混ぜた後、
ようやく白菜にヤンニョム(そのほかの具材を混ぜたもの)を混ぜ込む、
いわゆるキムチらしい作業になります。

今年は、ヤンニョムにはじめてセリを入れました。
いつもは手に入らない材料ですが、
この春から突然うちの畑に生えるようになって、
この冬も、12月に入ってから、小さなセリがでてきたので、
加えてみたら、ものすごくよい香り。
左から時計回りに、カクテキ・カブキムチ・ペチュ(白菜)キムチ。

とにかく重労働なので、これが終わった後の打ち上げのビールは格別!
そうそう、今年はアミの塩辛の中にちっちゃいカニがいました。
食べるときに口に触るので、捨ててしまおうかと思いましたが、
思い直してフォーチュンキムチにすることにしました。
さてさて、150個ほどに袋詰めされたキムチのうち、
誰が持ち帰ったキムチに入っているでしょうか。
楽しみです(*^_^*)

広告

7 Responses to キムジャン2010

  1. coffeebeans より:

    やっぱり今年の冬はちょっと暖かめですね^^
    ヤンニョムは唐辛子で真っ赤ですが、これはかなり辛いもの菜なのでしょうか?素手で触ったら手が痛くなりますか?
    作業はとっても大変そうですが、写真のキムチが美味しそう!
    皆さんで協力して作業するっていうのもイイですよね!

    • slecfarm より:

      真っ赤ですけど、唐辛子は、粗引辛口1kg、細引甘口1kg、粉甘口1kgなので、そんなに辛くないですよ。
      確かに手は腫れます。1日位は、まるであかちゃんのお手手みたいです(^_-)
      キムチも一度にたくさん漬けた方がおいしいし、それには何人かで一緒に作った方が楽しいし(一人でやったら、辛くて泣いちゃう!)ですね。

  2. ニコラス より:

    メリクリ
    おお!!共同作業なんですね!楽しいお話もされるのでしょうね?(笑

  3. pigrets2 より:

    できましたね~。
    おいしそう!
    キムチって素晴らしいよね。
    浅漬けはフレッシュな味だし、
    古くなれば炒め物や鍋や。。。と使えるし。
    は~、自家製の、食べてみたい!

    • slecfarm より:

      浅漬けを食べられるのは作った人の特権!(^^)!でも、古漬けもたまりませーん。あと、残ったヤンニョムで、早速キムチスープとか(*^_^*)なんでも旨くなりますねー(^O^)/

  4. […] 恒例の「キムジャン(キムチづくり)」をしました。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。