たけのこ

先日の販売で、今年はじめてたけのこをお持ちした。
片野農園さんの、朝掘りたけのこ。

ご自宅の裏に広がる片野農園さんの竹林は、
手入れが行きとどいていて、日の光がさんさんと差し込む。
お日様を一杯に受けて育ったたけのこは、
あくが少なく、やわらかいお味。

販売できない極細のものをいただいたので、
その日のうちに夕飯に。
あんまりおいしかったので、
写真を撮るのを忘れてしまいました(^_-)
小さい器には、姫皮の梅肉たたきがはいっておりました(^_-)
穂先はお刺身に。
下の方は若竹煮にしました。
姫皮は、スーパーのゆでたけのこにはついていないので、
掘りたてのものを購入しないと味わえない、貴重なお味。
旬の時だけの贅沢。存分に味わいたいですね。

ところで、片野農園さんで教えていただくまで、知らなかったのですが、
たけのこは、生まれたときにすでに完成形の太さなんですって。
つまり、細い竹の子が徐々に太って行くのではなくて、
太い子は最初から太いまま生まれて、
丈が伸びていくだけなんですって。
なので、「太い」イコール「硬い」は間違い!
(土の上に顔をだしちゃったようなのは、硬いですが)
太いものの方が、ぷっくりとおいしいんだそうです。

連休明けにも、もう一度たけのこをお届けできる予定です(^O^)/

広告

10 Responses to たけのこ

  1. ありこりあ より:

    毎年のようにたけのこが採れたら送ってくださる方がいます。
    それもちゃんと下ゆでしくださって…。

    姫皮が普通は売ってないのは知りませんでした。

    3年前かな?20年以上働いていた職場をやめて、1週間ほど親と過ごすために実家に帰った時に、母親と歩いていたら道ばた(土手?)でいきなりたけのこを発見!たくさん採って、ガンガン食べました。すごく細かったので逆に食べやすかったです。

    • slecfarm より:

      毎年送ってくださる方がおられるなんて、幸せですね~!(^^)!
      道端で筍を大量収穫なんて、すごいな!そんな幸運に巡り合ってみたいです(*^_^*)

  2. ポコチャン より:

    京都に行ったら筍の畑いっぱいあるよ。

  3. Tongtong より:

    北方には竹がないので、竹林、たけのこなどの景色が憧れています。南方に旅行するときに、よく竹林を散歩していました。北方もたけのこ食べられますけど、やっぱり南方のが新鮮で、美味しいですね:)

  4. 昔の乙女 より:

    今の時期にしか味わえない
    とりたての筍を思いっきり食べられて幸せね(。◠‿◠。)
    えぐみも少なくて美味しいだろうな~
    私も買って来よう~\(^0^)/

    • slecfarm より:

      やっぱり旬のものは、おいしい時期にいただきたいですね。いろんな山菜とかも、その時期に食べておかないと!ですよね。

  5. coffeebeans より:

    タケノコのあの部分は姫皮と呼ぶんですね!
    タケノコのお刺身は食べたことないです。
    新鮮な物でないと駄目なんですよね?
    実家ではよそ様から頂いたタケノコを
    祖母が毎年手間をかけて多量に
    ビン詰にして保存してます。祖母はタケノコ好きで
    一年中タケノコを食べたいみたいです(^^)

    • slecfarm より:

      おばあさまが瓶詰めにされているというので、ビン詰めの作り方を調べちゃいました(*^_^*)水煮にして、ビンに詰めて滅菌処理をするんですね。手間がかかるけど、それほどお好きなんですね。私も季節外れにいただきたくなるけど、スーパーのでがまんしちゃいます(^_-)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。