赤霞珠

上海でAPECが開かれたときに使われたワイン。
中国が威信をかけて提供した上物。
そんな話とともに、友人からもらって、
なかなか開けられなかったんだけど。
ついに!

保存状態が気がかりだったけど、
コルクを抜いてみたら、すばらしい状態!!!
ちょっと興奮してしまいました。
DRAGON SEAL

う~~~ん。
すばらしいですぅ(^O^)/
ちなみにラベルの「赤霞珠」は、カベルネ・ソービニヨンのこと。

私が滞在していた頃(98年)は、
ワインをコカコーラで割って飲むのが流行っていた。
スーパーとかで手に入るワインは、
コンリーがコマーシャルしていた長城ワイン以外は、
たいがいが、「加糖」だった。
「赤霞珠」・・・
感慨深い1杯を、ちびりちびりといただきました。

広告

6 Responses to 赤霞珠

  1. ポコチャン より:

    コルクにまで名前書いてあるね、
    僕は酒飲まないから、ワイン見ることないけど、昔コルクよく見た、何に使ってたんだろう?醤油くらいしかないような、子供の頃だから記憶ない、祖父の家が酒屋だったけど、ビールは昔から王冠だろう。

  2. ありこりあ より:

    高校を出てしばらくブラブラしてたときに福岡で毎年開催されていた「中国物産展」でバイトをしたのを思い出しました。お酒のブースだったので。飲めないからあまり味が分からなかったけど、お店の人が一度本格的な中国料理を食べにつれていってくれたなあ。30年前の話ですが、今も中国物産展はやっているのかな?懐かしいです。当時もおいしいワインはすごく甘い、と言ってたような気がします。

    ラベルがすてきですね。

    • slecfarm より:

      中国物産展のお酒のブースだと、ワインよりも、やはり紹興酒とか白酒がメインだったんでしょうか。
      ラベル、素敵でしょ!はがしてとっておこうと思います!(^^)!

  3. coffeebeans より:

    これはかなりレアもののワイン!
    エキゾチックなラベルがイイですね。

    中国で手に入るワインは殆どが加糖だったということで
    思い出したのですが、ウチの祖母はワインというと
    赤玉ポートワインを思い浮かべるようです。これも加糖されてますよね。
    日本も中国も、昔はワインの産地から直輸入なんてことは
    珍しかったのかなあ?
    ワインをコーラで割る、というのも加糖されたワインで
    割ってたのでしょうか?面白いです~!
    ちなみに私は赤をオレンジジュースで割って飲むのが好きです。
    そんなカクテルありますよね?

    • slecfarm より:

      ラベル、なかなかですよね~。
      赤ワインをオレンジジュースで割ると、サングリアですね。オレンジやレモン、他にもいろんな果物をいれて、女性が多い集まりとかに持っていって喜んでいただいたことがあります!(^^)!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。