朗読劇

友人の友達が、実行委員をやっているというので、
朗読劇「ハッピーバースデー」を観に行った。

テレビで見たコマーシャルでは、
ふ~ん、くらいの印象しかなかったんだけど、
実際に観てみたら、すばらしい「芝居」だった。

声だけで全てを表現しているのに、
ものすごい臨場感。
朗読にしっかりと「色」を与える細やかな演出。
冒頭から終演まで、どっぷりと引き込まれて観てしまった。

スティーブマックイーンやワカメちゃんの声が、
目の前で繰り出されるのも、貴重な経験(*^_^*)

題材は、子供への虐待やいじめ。
暗くて深刻な問題を、きっちりと描き、
最後には素晴らしい未来をも期待させてくれる。
一つだけ難をいえば、
家族の中で、お父さんの存在だけがあまりにも希薄。
それも、現代の家族の課題を映し出しているわけだけど、
それにしては、終演でのお父さんの登場が、
唐突過ぎて違和感を否めない。
そんなこともひっくるめて、とても勉強になったお芝居でした。

広告

8 Responses to 朗読劇

  1. ありこりあ より:

    最近、仕事のからみで日本語の勉強をせねばなあ、と実感しています。

    一番参考にしたいのがラジオドラマなんですが、今は減っているのではないかと。翻訳まで機械がやるようになった今だからこそ「声の力」の大きさを再評価したいですね。

    • slecfarm より:

      ラジオドラマといえば、中国のラジオドラマで、中国語テキストになった、「ミンミン父と子の旅路」というのがあるのですが、何度聞いても、涙が出てきます。音も発音も美しく、まさに「声の力」を感じます。

  2. ポコチャン より:

    朗読劇見たことないよ難しそうだね

  3. coffeebeans より:

    [スティーブマックイーンやワカメちゃん」と読んで???と思い
    リンク先にある朗読劇のパンフを読んで納得しました。
    有名声優さん達の生の声で楽しめるのですね!スゴイ!

    • slecfarm より:

      そーなんですよねー。有名な声優さんばかり。ワカメちゃんは、ワカメちゃんがおばあちゃんになったらこういう声なのでっていう役柄でしたけど(^_-)

  4. ニコラス より:

    自分は見た事ないですけど。そうなんだ~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。