「怖い絵」で人間を読む

絵画鑑賞、お好きですか?
私は、嫌いではないけれど・・・
ヨーローッパの宗教画とか、
人物画みたいなのって、
どこをどう見ればいいの?って思ってました。

で、この本。
絵が描かれた背景などを、
細かく解説してあって、
それを知った後と、前とでは、
絵の見方ががらりと変わってしまうという。
とっても興味深い本でした。
この本を読んでからは、
すぐさま、ヨーロッパの美術館へと、
飛んでいきたくなりました(*^_^*)

広告

6 Responses to 「怖い絵」で人間を読む

  1. ありこりあ より:

    昔、ルーブル美術館へ行ったときに「テンペラ画」と言われる肖像画が山ほど飾られていて…正直、飽きました。

  2. ポコチャン より:

    知らない作家だよ

  3. coffeebeans より:

    絵画鑑賞大好きです~。絵画を楽しむ以上に、作品の時代背景や画家さんの事を知るのが楽しいと思ってます。この本、面白そう♪

    • slecfarm より:

      やっぱりcoffeebeansさんは、しっかりと勉強されてから、絵画鑑賞されていたんですね。私はそういう鑑賞のしかたを、この本で初めて知りました!(^^)!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。