蘆屋家の崩壊

幻想小説というカテゴリーなのかなあ。
またも、すさまじく面白い本に出会ってしまった。
津原泰水さんの蘆屋家の崩壊。
泉鏡花を彷彿とさせる。

主人公が、三十路を過ぎてなお、
定職に着けずにいるというところからして、いい。
大酒飲みのくせに、すぐ酔いつぶれるところも好もしい。
豆腐好きに至っては、そ、そこまでかっ!と。
ともに豆腐を求めて津々浦々巡りながら、
あちこちで、怪異に出くわしては、
軽妙な推理を繰り広げる、小説家の「伯爵」。

は、早く続きを(^^)/

広告

4 Responses to 蘆屋家の崩壊

  1. coffeebeans より:

    何家・・・?あしや家って読めなかったです(恥)
    面白そう。アマゾンでチェックしました。
    短編集なのですね~。
    メインキャラがコンビなのかな?
    ホームズとワトソン的な。
    お風呂に入って読めるように
    本屋さんで探してみます♪

  2. ありこりあ より:

    面白そうですね~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。