残草蓬莱

しぇんろんさんの、蔵元を囲む会。
今回の蔵元さんは、神奈川県愛川町の大矢孝酒造さん。
昔ながらの味「残草蓬莱(ざるそうほうらい)」と、
新たなブランド「昇龍蓬莱」。
どちらも、冷、燗ともにうまい酒です。
この春、南部杜氏協会の鑑評会で、
純米酒「残草蓬莱」は首席(金賞)に選ばれ、
私もラジオ番組の中で、残草蓬莱のご紹介をしました。
そんなこともあって、今回の蔵元を囲む会は、
いつも以上に楽しみにしていました。

しぇんろんさんが主宰する、蔵元を囲む会では、
それぞれのお酒を、最初に冷で、次に燗で出して下さって、
それぞれのお酒にあうお料理をそのたびに供して下さる。
なので、お酒もおいしい、おつまみもおいしい、
どれもこれもおいしくて、
次第に、あれ?今飲んでるのってなんだっけ?
と、ただの酔っ払いに変身です。

今回いただいたお酒は、
残草蓬莱 純米大吟醸
昇龍蓬莱 純米吟醸ひやおろし、
昇龍蓬莱 生もと純米
残草蓬莱 特別純米酒(五百万石)
同上        (美山錦)
昇龍蓬莱 純米吟醸蔵内参年熟成酒
というラインナップ。

全部いただいた後は、
時間とお酒のある限り、
お好みのお酒をお代わりできます。

至福の時は、あっという間に過ぎてゆき。
ああ、幸せでした~。
しぇんろんさん、大矢孝酒造さん、
本当にありがとう(^^)/

広告

7 Responses to 残草蓬莱

  1. coffeebeans より:

    美味しいお料理と美味しいお酒で
    話が弾みますね♪
    冷→燗の順でお酒が出されたのは
    その方が味わいがあるからでしょうか?

  2. Hitori より:

    お酒が強いと人生の楽しみが多いね。うらやましい限り。

  3. ありこりあ より:

    私もお酒が弱いので、うらやましいなあ。名前を聞くだけで飲みたくなるほど、凝ったネーミングですね。

    • slecfarm より:

      「残草(ざるそう)」というのは、大矢孝酒造さんのある場所の地名なんだそうですよ。今のご主人は、昔近所の人からは「残草のせがれ」と呼ばれていたんだそうです(*^_^*)

  4. […] 定期的に蔵元さんをお招きして、 その蔵のお酒を楽しむ会「蔵元を囲む会」を開催している。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。