かぞくのくに

著者は、在日朝鮮人の女性。
3人の兄は、北朝鮮にいる。

この本は映画にもなっていて、
その紹介を、このブログにもよく来てくださる、
ありこりあさんのブログで拝見した。
それを見ていなかったら、この本を手に取らなかったかもしれない。
読む機会をくれて、ありがとう(^^)/

この本で、知らなかったこともたくさん知ることができた。
本の中で、「私は今まで『○○のため』に生きてきた。
今度は自分のために生きようと思う」とあった。

何も考えなくても、自分のために生きることができる環境にいる、
そんな自分って、なんて幸せなのかと、
改めて思った。

広告

4 Responses to かぞくのくに

  1. ありこりあ より:

    紹介しておきながら、まだ読んでません。読んでくださって本当にありがとうございます。

  2. Hitori より:

    書物との出会いは大きい。
    読み手の状態・水準によって、「出会い方」も変わってくるようですが。
    今回、すばらしい出会いをなったようですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。