掘っては埋め、掘っては埋め

毎年この時期にうんうんうなりながらする作業。
掘っては埋め、掘っては埋め。
畑の作業とは思えない過酷さ。
でも、これをしないと、
私が唯一自慢できる野菜「里芋」ができない。

草を取りながらの作業です

草を取りながらの作業です

他の農家さんは、小芋を種イモの使うんですが、
私は親芋を使うし、全部手作業なために、
労力はオーバーでなく、10倍以上じゃないかしら。

同じところに植えるので、採り忘れたお芋がでてきます

同じところに植えるので、採り忘れたお芋がでてきます

私の借りている畑で、里芋が上手に作れるのは、
畑のほんの1/5位の面積。
しかも、その場所でないと絶対にダメ。
何度か、違う場所も試したけれど、
お話にならない(^_-)
必然的にずーっと連作していますが、
障害がでたことはありません。
今季も、毎日毎日お芋さんを植えています。
掘っては埋め、掘っては埋め・・・。

広告

8 Responses to 掘っては埋め、掘っては埋め

  1. ありこりあ より:

    ソウルの友人が畑を譲ってもらい、休日だけ通いはじめました。「ジャガイモはそのままを切って埋めるなんて知らなかった」なんて書いてあって…立派に育つつもりでいるのが可愛かったりします。

    • slecfarm より:

      可愛いです(*^_^*)楽しんでいるんでしょうね(*^_^*)これからの季節は、休日だけだと大変ですねー。
      私も今の1/10の面積なら、楽しめるのになあと思うことがよくあります。

  2. coffeebeans より:

    同じ場所でないと里芋が上手に育たない、とは
    興味深いですねえ!その場所だけ土が里芋に
    合っているのかしら?
    大変な力仕事なのですね。お芋さん、立派に育ちますように!

    • slecfarm より:

      普通お野菜は同じ場所で作るとよくないんですが、私の借りている畑では、ピンポイントに植えないと、いいお芋にならないんです。不思議ですよね(*^_^*)

  3. ○○泰男 より:

    なんで? 畑の土は一緒なのに、どうして同じようにできないんですか?
    素人だからわかりません☺

    • slecfarm より:

      借りた時に気づいたんですが、西側に水分がたまるんです。里芋は水気のあるところが好きなので、西側の一部分に植えないと、うまく育たないんです。その場所がわかるまでに、3年かかりました(*^_^*)

  4. 昔の乙女 より:

    こんにちは。
    美味しい里芋を作るには大変な手間がかかってるのね。
    これから食べるときには感謝して頂くわね(●^o^●)

    • slecfarm より:

      機械を使わずに手作業でやっている農家さんは、まずいないとは思いますが、それでも作物にはいろんな手間がかかりますもんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。