ブッダに近づく

先日「日常生活で仏に近づく方法」という本を読んでいたら、
神経をとぎすましたり、力を抜いて物事にあたってみたりすることで、
仏に近づく、なんて書かれていた。
その中に、クラッシクのコンサートなどの、生の芸術に触れることも、
仏への一歩だと。
そういう意味では、昨日はだいぶ仏に近づいたような!(^^)!

勤め人だった時の同僚にあたる方が、早期退職されて映画監督になったんですが、
その方の作品が、横浜のジャック&ベティという映画館で上映されまして、
昨日はその封切。
監督挨拶もあるから、ぜひ来てねと言われ、行ってまいりました。
映画は、太宰治の作品4本のオムニバスで「女生徒1936」。
今までにない、太宰映画だなあと思いました。
なんか、惹きこまれる、不思議な世界!

監督あいさつ

その後、県民ホールでオペラ「椿姫」を堪能。
ハンガリー国立歌劇場を招いての贅沢な公演。
美しい歌声と、贅沢な衣装や大道具。
生のオーケストラの迫力。
うっとり、でした。

着物で観劇

その後、着物美女3人で、気軽なフレンチへ。
オペラの話、フランスやイタリア、スペイン(へ行きたいよねー)の話。
時間を忘れて、飲んで食べて話して。

フレンチ

こういう時間を持てるって、かな~り「仏」に近づいたでしょ(*^_^*)

広告

2 Responses to ブッダに近づく

  1. coffeebeans より:

    映画、オペラ、フランス料理と着物。どれも芸術ですね。
    アートと触れ合うことで仏に一歩近づける。
    なるほどなあ。感性を磨くことも重要なんですねえ。
    シックな柄のお着物と帯が素敵です♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。