義母を迎える

昨日は夫の母を家に迎えた。
今年98歳を迎える義母は、
歩行器を使って自分で歩く。
頭もしっかりしていて、話すことに齟齬はない。

私は朝から、義母の好物のお稲荷さんを作ったり、
鶏のひき肉と豆腐で肉団子を作って煮物にしたり。
煮物は一口で食べられるよう、かなり小さめにこしらえた。

一口煮物

疲れたらすぐに横になれるよう、ソファーにタオルケットも敷いた。

ソファー

家にやってきた母は、白木の床や、大黒柱をしきりに誉め、
「お父さんの遺志を継いでくれて、ありがとう」という。

夫の父が亡くなって、もう20年以上になる。
その義父が、「今度家を建て替えるなら、絶対に菊池建設だ」と言ったんだそうだ。
その話は昨日義母から初めて聞いたのだが、
住宅展示場に行ったときに、夫がぽつりと、
「オヤジが『菊池建設はいい会社だ』と言っていたんだ」と。
だったら見てみようよと、展示場を覗いたのが、
結局今の家をお願いすることに!

階段

義母は、歩行器では2階には上がれないから、
夫がおんぶして上がろうとしたら、
途中でやっぱり嫌だ、降りる、と断念。
いよいよ帰るという段で、夫が車を準備していると、
「もう一度階段だけ見ていきたい」と、階段に近づくと、
突然手すりにつかまって、自力で登り始めた。
ええっ!!!と驚いていると、とうとう登り切ってしまった。
一通り二階を見て回って、いい家だね、いい家だねを連発して、
降りるのも自力で降り切った。
玄関前の2段の階段さえ、夫におんぶされて登ったのに、
びっくりである。

98歳になろうという義母の、ど根性。
ただただ恐れ入った。

広告

8 Responses to 義母を迎える

  1. ありこりあ より:

    いいお話ですね。朝から元気をいただきました。

  2. ○○泰男 より:

    我が家の両親に読ませたい。

  3. 昔の乙女 より:

    こんばんは。
    お義父さまの希望を叶えて素晴らしい家が完成し、
    お義母さまにも褒めて貰えていい親孝行が出来たわね。
    きっと心地よい疲れだったと思うわ(●^o^●)

    • slecfarm より:

      義父のお気に入り(?)のハウスメーカーさんにお願いできて、本当によかったです。義母も久しぶりに渾身の力を使ったのかなあと思いました(*^_^*)

  4. coffeebeans より:

    お義母さま、大変喜ばれたのですね(^^)
    slecfarmさんの優しい心遣いを感じます。

    • slecfarm より:

      車の乗り降りだけでも大変。椅子に座っているだけでも大変。なのにうちまでやってきて、しかも二階に自力で上がってしまって。ただただびっくりでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。