母の受難

この夏の初め、母が風邪をひいて、
持病のぜんそくも併発し、
治るまでに2か月半かかった。

ようやく熱が下がってきたある日。
ご飯を作ってあげていると、母がテレビを見ていて、
やけに音量が大きい。
こんなに大きくしないと聴こえないの?
と聞くと、「え、大きいのこれ?」と。
耳鼻科に連れていったら、
咳のしすぎで、鼓膜に穴があいているという。
鼓膜の穴はふさげないそうだ。

さらにその数日後。
畑に植えてある花生姜を部屋に飾ってあげて、
あーいい匂いがするね。
と言ったら、「あらやだ、何も匂いがしない」という。
驚いてまた耳鼻科へ。
高熱で嗅覚がだめになったそう。
2週間以内なら薬で治るけれどと言われたけど、
2か月半のどの時点で匂いがダメになったかなんてわからない。
紹介された嗅覚専門のお医者様に1か月かかったけれど、
結局治らなかった。

ゆりも匂わない

風邪は万病の元というけれど、
耳や鼻にまで累が及ぶとは。
花を飾っていて、ちょっとため息がでてしまった。

広告

9 Responses to 母の受難

  1. wakasahs15th より:

    こんにちは(*^_^*)
    お疲れ様です。
    私の母も耳が聞こえづらくてTVの音量は凄いんです。
    一人住まいで、ご近所も離れているので迷惑には
    ならないのですが、病気でなくとも加齢と共に衰えて
    くるようです。明日は我が身ですが。

    • slecfarm より:

      母も、耳は年齢とともに衰えるからとあきらめています。が、匂いがしないのは、やはりかなり辛いみたいで。お医者様からは、食べ物が痛んでいてもわからないのが一番怖いよと言われました。

  2. 昔の乙女 より:

    こんばんは。
    風邪は万病の元とは言うけど、
    馬鹿に出来ないわね゜(>д<)゜
    確かに食べ物が痛んでいるのが分かりにくいものね。
    日にちがかかっても治らないのかしら?
    お大事に。

  3. ○○泰男 より:

    あら龍、、、おいた肌目ですよ。
    って、花瓶から花を抜くのは我が家のさくらだけかもね

  4. kanaconnie より:

    うちの母ももうだいぶ前になりますが風邪をこじらせて突発性難聴に・・・、やはり受診したときにはすでにステロイドの治療も間に合わなかったです・・・。テレビの音量凄いです!!一緒にいて頭の中がわんわんしちゃうときがあります。ボリュームを大きくしてもよく聞こえない時があるので外部スピーカーとイヤホンの2本立てで聞いてます。
    食べ物の痛みがわからない・・・、そうか~と思いました。匂いがわかるのが当たり前…と思ってしまいますが思わぬ不便や危険があるのですね。

    • kanaconnie より:

      忘れました!!チラシ有難うございました。いけるといいな♪
      お母様、お大事にしてください。

      • slecfarm より:

        母のことありごうございます。
        kanaconnieさんのお母さんもそんなことがあったんですね。風邪って本当に怖いですね。においが、わからないのもけっこう辛いようです。香りを楽しむものって、たくさんあるので、それが全部だめだし・・・
        チラシ、勝手に送らせていただいてしまいました。お時間が合えば、ぜひ(^^)/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。