波伝谷に生きる人びと

昨日、東中野ポレポレに出かけて、
ドキュメンタリー映画「波伝谷に生きる人びと」を観た。

震災前の南三陸の小さな漁村の人々を、
たんたんと写している。
ただそれだけの映画。
それだけなんだけど、それがとても美しい。

波伝谷に生きる人びと

波伝谷に生きる人びと

3年間撮りためた映像を編集するために、
監督が村を離れる列車の中のシーン。
村を離れる監督に向けての村の人たちの言葉が、
列車の車窓から見える風景の中で、
音声だけになって流れていく。
なんでもない言葉なのに、
涙がとまらなくなった。
泣くとこじゃないのに。

久しぶりに「上映したい」映画に巡り合った。

広告

10 Responses to 波伝谷に生きる人びと

  1. wakasahs15th より:

    こんばんは(●^o^●)
    感動の映画のようですね。観なければ・・・・。

  2. orca より:

    本当に感動すると言うことは、つくったものじゃなくて、やっぱり生きている人の本来の姿なのかもしれませんね。

  3. agehamodoki より:

    「たんたんと生きる」
    ホントはその裏にいくつもの嬉しさや悲しみがあると思う。
    でもたんたんと生きる。そうした生き方をしたいと思うけど出来ない。
    つい、汗といっしょに愚痴が出る。
    その点、昔の人はたんたんと生きる人が多かったような・・・

  4. coffeebeans より:

    観たいなあと思いました。スリルあふれるストーリーや迫力のある画像だけじゃなくて、その土地でたんたんと生きている人たちの姿を見たい・知りたいと思えるようになったのは年を重ねたからかなあ?

    • slecfarm より:

      その場所で普通に、だけど一生懸命に生きている人たちを、そのまんま映し出す。そんな映像を観たい、知りたいと思えるのって、やはり年齢を重ねたからこそかもですね。年をとるのも悪くないです(*^_^*)

  5. kanaconnie より:

    映画祭の候補に・・・。
    これもかこれでもか!と作りこんで迫ってくるような作品より、自然と静かに寄り添ってしまうようなものが心にきます。きっとこの映画もそんな作品なのかな…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。