寒ブリを食べに氷見へ

以前から行ってみたかった、
寒ブリの季節の氷見。
北陸新幹線でぐっと近くなったので、
思い切って行くことに!
東京から3時間弱で、最寄りの新高岡につく。
覚悟はしていたけど、本降りの雪。
駅の観光案内所に立ち寄ると、
思いがけず傘を貸してくださって、快適な旅に!(^^)!

早速、回転ずし「すし喰いねえ」で、
富山のきときとのお魚を!(^^)!
旅先で気が大きくなっていたので、
のどぐろなど高級魚にも手を出しました(^_-)-☆

ちょうど高岡で2日だけのお祭り「天神祭り」が開かれていて、
町のあちこちに、天神様の掛け軸が飾られていた。

氷見線に乗って氷見へ。
氷見の道の駅「ひみ番屋街」で、
ひみ牛のメンチカツなど、ひみの味覚を堪能。

ひみ温泉の宿永芳閣で、ぶりしゃぶや白エビなど、
もう当分食べなくていいよー!というくらい楽しみました(^^)/

もちろん、ひみの地酒「高澤酒造」さんのお酒も!

翌日は、「JR氷見線」と「あいの風とやま鉄道」を乗り継いで富山へ。
乗り物が充実している富山。
まずはライトレールに乗って、北前船で栄えた町「岩瀬」へ。

美しい街並みの中にある、国指定重要文化財の「森家」。
森家のガイドさんが中を案内してくださったんですが、
なんと!kanaconnieさんにそっくりの美女!!
懐かしいような気持ちで拝聴しました。

その後市内を循環する路面電車セントラムで、
ぐるりと市内の見どころを巡りました。

夕方16:30頃の新幹線で帰路に。
私は車内で一人宴会。
とやまの地酒と旨いつまみを堪能しました。

夫は1杯だけつきあって、
後はお弁当と和スウィーツです(^_-)-☆
お腹も心も満たされた1泊2日の旅でした(^O^)/

広告

13 Responses to 寒ブリを食べに氷見へ

  1. wakasahs15th より:

    本場の氷見で寒ブリを!堪らないですね(^_-)-☆折角、富山へ行かれたのなら、予算はご主人にど~んと甘えてのどぐろですね。新幹線での一人宴会も楽しそうですね(^_-)-☆

  2. kanaconnie より:

    おっと!私の名前が出てびつくり‼︎
    しかも美人バージョン‼︎
    これはいつか会いに行かなくちゃ♪

  3. michitamoyan より:

    いやいや、寒ブリ食べたさに北陸へ ・・・・
    凄い行動力に脱帽です。
    数年前に、雪の兼六園が見たくって行きましたが、外れでした。
    帰宅して2日ほどたって、大雪が降って松の木が折れたと言うニュースを見て、複雑な気分でした。

  4. orca より:

    なんて素敵で魅力的な旅でしょう!羨ましすぎて、
    よだれと涙が出そう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

  5. agehamodoki より:

    あっちの方は大阪管轄で、前の会社の勤務先時代によく出張しました。
    今は東京方面からの方が新幹線で繋がって便利かな。
    それにしても寒ブリ目当てでお出かけとは贅沢ですね。
    でも富山周辺は美味しいものがたくさんあります。
    富山も高岡も路面電車が走ってますね。思い出します。
    また行ってみたいなぁ・・・

  6. 小見翔 より:

    氷見、懐かしいなあ・・・。富山も。

  7. […] 以前から気になっていた店だけど、 寒ブリを食べに富山へ行ってから、 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。