扉座の公演と江ノ島の魚

厚木が生んだスター、横内謙介さん率いる扉座の公演、
「郵便屋さんちょっと」
抱腹絶倒、拍手喝采!
原作のつかこうへいの独特な世界観は残したまま、
現代に合わせて見事にパワーアップさせ、
観客も巻きこんで一体化させた、横内ワールド。
これだから芝居を見るのってやめられない(^^)/

P1030063.JPG

で、そのあとは厚木から江の島まで1時間かけて移動して、
仕事で知り合ったガイドさんに勧められたお店、
吉良の店へ。
片瀬漁港で獲れた地魚と、それに合うお酒がいただける店。

ガイドさんの言っていた通り、素晴らしい新鮮な魚のお料理の数々。
どれも日本酒に合いすぎー。

終いには、店のご主人から、
「こんなに日本酒を召し上がるんなら、
予約の時に言っておいてくれたら、
もっといろんな種類を準備しておきましたよー。」
と言われてしまいました(^_-)-☆

広告

9 Responses to 扉座の公演と江ノ島の魚

  1. wakasahs15th より:

    観劇後、江の島の魚でしたか(^^♪ 新鮮で美味しい魚のお蔭で、お酒が進んでご機嫌ですね(^_-)-☆お店のご主人はslecfarmさんの飲みっぷりに驚かれた様子ですね(@_@)

  2. kanaconnie より:

    では次はしっかり予約していかなくちゃ!ですね〜(^^)
    お芝居楽しそうですね。もう長いこと舞台の演劇を見てないなぁ

    • slecfarm より:

      予約には「日本酒を多めで!」を忘れずに!です(^_-)-☆
      舞台を見ると、自分もまた立ってみたいと思ってしまいます!(^^)!

  3. Nasuko より:

    冷酒、おいしそう!!!くぅ~~~~:P

  4. agehamodoki より:

    お芝居は演じる人と見る人の距離感がたまりませんね。
    音楽で言えばCDで聞くのとライブの違い。
    やっぱり醍醐味は一体感でしょうか?
    美味しい地の魚に「おちゃけ」満点の日々が続いていますね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。