ひやおろし三昧

2017年10月9日

先日お人形を見せてくださった人形使いさんが、
横浜での公演にご出演されるというので、
ご縁を感じ、ぜひにと観にでかけた。

P_20171008_124815

生身の人間がこれをやったら反則だわ!というような、
とてつもなく艶っぽい仕草も、
人形だからこそ美しく感じられたり。
こういうところに、惚れこんでしまうのかな。

終わった後は、久しぶりに藤沢のしぇんろんさんへ
ひやおろしの飲み比べ3種。

P_20171008_173434

友人が頼んだ3種は、どれもラベルが素晴らしい!
だけじゃなくて、もちろん美味しい(^^)/

P_20171008_173255

しぇんろんさんの刺し盛りは、
毎度のことながら絶品。

たたみホタルイカに、へしこのカナッペ。
ついつい進みすぎて、帰り道が怪しかった<m(__)m>

 

広告

文楽のお人形は生きているみたい

2017年9月17日

友人の伝手で、文楽を拝見することに。
しかも、その舞台で人形を操っている桐竹勘壽さんが、
舞台の前に直々に人形を見せてくださるという。
そんな貴重な機会にお声がけいただいたことに、
ひたすら感謝です。

P_20170916_103718

胴体と頭着物もかつらも付けていないと、こんなわずかな有様

女性の人形には足がなく、
胴体に左手を入れ頭を操り、
右手で右の手を操る。

P_20170916_104254

「おはもじ(恥ずかし)ながら・・・」

人形は思っていたよりもずっと重く、
これを持ち続け、なおかつ演技をさせるとなると、
腱鞘炎になってしまう!と思うほど。

人形1体を3人で操るのだが、
常に同じメンバーではなく、
その演目ごとに、メンバーは入れ替わるそうで、
それなのに、人形は生きているかのように、
自在に手を動かし、体を動かすのを見るにつけ、
どれほどの稽古の末のことだろうと、
気が遠くなる思い。

今回拝見したのは、「生写朝顔話」という38年ぶりに上演された作品。
宇治川の蛍狩りで出会い、恋に落ち、将来を誓い合った二人が、
様々なアクシデントで別れ別れになり云々、
という、とても分かりやすいストーリー。
笑いあり涙あり、
時に人形が演じているのも忘れてしまうほどの微細な動き。
人形ごとに、年齢の違いや、性格の違いが、
見ただけでわかってしまうのも、不思議。
しかも、ほんのわずか首を傾げたりする動作だけでも、
気持ちが伝わってくる。

歌舞伎もそうだけど、
上演の合間に、食事をしたりお土産屋を冷やかしたり、
半日を存分に楽しめるのも嬉しいなあと思う。

終わった後には、人形師の勘壽さんも交えての宴会。
大満足の一日でした(^^♪

 


扉座の公演と江ノ島の魚

2017年7月3日

厚木が生んだスター、横内謙介さん率いる扉座の公演、
「郵便屋さんちょっと」
抱腹絶倒、拍手喝采!
原作のつかこうへいの独特な世界観は残したまま、
現代に合わせて見事にパワーアップさせ、
観客も巻きこんで一体化させた、横内ワールド。
これだから芝居を見るのってやめられない(^^)/

P1030063.JPG

で、そのあとは厚木から江の島まで1時間かけて移動して、
仕事で知り合ったガイドさんに勧められたお店、
吉良の店へ。
片瀬漁港で獲れた地魚と、それに合うお酒がいただける店。

ガイドさんの言っていた通り、素晴らしい新鮮な魚のお料理の数々。
どれも日本酒に合いすぎー。

終いには、店のご主人から、
「こんなに日本酒を召し上がるんなら、
予約の時に言っておいてくれたら、
もっといろんな種類を準備しておきましたよー。」
と言われてしまいました(^_-)-☆


クラシックギターコンサートと秋田料理

2017年6月24日

昨日の仕事帰りに、
クラシックギターのコンサートへ出かけた。
現代ギター社の50周年記念のコンサート。
夫のギターの先生をはじめ、
5組の演奏家の皆さんの演奏を堪能できる、贅沢なひととき。
夫が習い始めるまで、クラシックギターには全く接点がなかったんだけど、
こうやって何度かコンサートに足を運んでみると、
少しづつ、演奏についても理解が深まってきて楽しい。

P1030056.JPG

帰りに軽く一杯やってから帰ろうと、
入ったのが、四ツ谷にある秋田料理の店「太平山

こういうとき、飲兵衛って鼻が利くんですよねー。
初めての町でも、旨い店を探し当ててしまう(^_-)-☆
比内地鶏の焼き鳥もから揚げも、
セリのお浸しもジュンサイも、
ハタハタの塩焼きも白いかのお造りも…etc
ぜーんぶ美味しかったし、
地酒も良心的なお値段で、旨かったー。
幸せだなー(^^)/


伊豆の旨い蕎麦「亮月」

2017年5月22日

伊豆は近場で温泉もいいし、お魚も美味しいから、
よく泊まりに出かける。
旅館での夕食は量もそれなりにあるし、
お酒も飲んでしまうので、
昼は控えめにしたいところ。
お魚が美味しいのはわかっているけど、
お蕎麦くらいにしておきたい。
が、伊豆で「ここなら!」という蕎麦屋には、
巡り会えていなかった。
ところがついにっ!

今回は伊東の「今宵」の半額クーポンで宿泊。
その前に、函南のオラッチェでソフトクリームが食べたかったので、
(ちなみに、JAFの会員カードで50円引き)
その近辺でお蕎麦屋さんをググって見つけたのが、
自家栽培・自家製麵の「亮月」。

いただいたのは海老天セットと自然薯の揚げ物。
夫はプラス炊き込みご飯つき。

P1030035

蕎麦は、土づくりにもこだわって育てた蕎麦を、
その日に使う分だけを石臼で挽いたもので、
薫り高く美味しい!
自然薯も地元丹那産で、もちもちとして美味。
夫の炊き込みご飯も、丹那産のお米と野菜を使ったもの。
添えられたデザートも、蕎麦羊羹に小豆を乗せた、さっぱりとした甘み。
どれも大満足だった。
また来たいというお蕎麦屋さんに、
ようやく巡り合えた(^^♪

 


花形歌舞伎

2017年5月14日

友人の友人が歌舞伎のチケットを手配してくれて、
久しぶりに見に出かけた。
着物好きな友人たちとのお出かけだったので、
当然着物で行こうと示し合わせていたのだけど、
生憎の雨。
多少の雨なら構わずに着物で出かけるけれど、
土砂降りで風も強く、当日の朝になってから断念。
急きょ洋服にしたら、
バッグはどうしよう、靴は…と返って大事に(@_@)

P1030032

夕方からの南総里見八犬伝を観劇。
あらかた知っている内容だったし、
若手の皆さんの伸び伸びした演技で、
気持ちよく楽しめた。

休憩時間のお土産物屋さんの試食合戦も、
それだけでお腹いっぱいになるほどで、
お出かけ気分満喫だった。

P_20170513_214950

帰る前に途中で一杯やっていこうと入った居酒屋。
メニューにある「どんぐり」
気になって頼んだら、ウズラの卵だった(+o+)
なんだか妙にかわいい(^^♪

P.S.歌舞伎ではいつもイヤホンガイドのお世話になります。
今回、若い男前の役のかつらについて、ビンがほつれているのは、
「色気」をあらわしていると知りました(@_@)
私も明日から、髪にほつれを出してみようかな(^^♪


末吉Wの喜劇(^_-)-☆

2017年1月3日

元日の朝初詣をしたけれど、
せっかくだから、地元綾瀬で一番有名な神社へも、
初詣に行ってみようと、
五社神社というところへ初めてお参り。
天照皇大神はじめ5つの神様をお祀りしている贅沢な神社。
日本武尊が腰を掛けたといわれる石も(+o+)

我が家は綾瀬でも南の端にあるので、
西の端にある五社神社は5キロ以上離れている。
行きは途中までバスを利用して、
それでも往復したら1万7千歩。

綾瀬では有名な神社だけれど、
やはり人出はぼちぼちな感じ。
甘酒もお神酒もなしで、寂しいなあ(^_-)-☆

ここで、夫は元日のおみくじのリベンジ!
奮発して「招き猫みくじ」に挑戦したものの、
結果は同じく末吉。
すごすごと、左手でおみくじを結んだのでした(^_-)-☆
P.S.おみくじの結果が思わしくなかったときは、
利き手と反対の手でおみくじを結ぶと、
困難を克服したということで、よい方向にいくそうですよー(#^^#)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。