1人スキーデビュー

2018年1月25日

若いころスキーが大好きだった。
1シーズンに何回出かけたことか。
いつしか仲間となかなか休暇が合わなくなり、
そうこうしているうちに、膝にヒビが入って、
冬は痛みでスキーなんてムリって感じになり。
行かなくなってもう15年くらいになるだろうか。

この1年、大腿四頭筋を鍛えたから、
膝の痛みも乗り越えられそう(^^♪
ってんで、密かに一人で行ってみることにした。
スキーレンタルがついている格安ツアーを選んだ。
ウエアーやゴーグルなどの小物は友人に借りた。

湯沢パークスキー場。
古いし、コースも少ないけど、
15年ぶりの私には、このくらいが丁度いい。
リフトから降りられるか心配だったけど、自転車と同じ。
一度覚えたものは、それなりにできるんだね。
ただ、この爆弾低気圧。
吹雪でほとんど視界がきかず。
新雪に板をとられて、半日で転ぶこと5回(^_-)-☆
うち3回は頭から突っ込んで、板も脱げて雪堀をすることに(^_-)-☆
でも、思い切って行ってみてよかったなあ。
またお天気のいいときに行きたいな。

新潟は旨い物だらけ。
そういうのも楽しい(^^♪

P.S.鍛えたつもりだったけど、やっぱり膝は痛くなった(T_T)
P.S.2同じ宿に、一人スキーのお客さんが2人いたよ!(^^)!

広告

文化的な休日

2018年1月8日

昨日は七草がゆを食べた後・・・
といっても、うちの冷蔵庫にある野菜を、
7種類かき集めて作ったんだけど。
安売りの三つ葉の買い置きがあったのがラッキー(#^^#)
我が家の七草がゆは、お出汁にとろみをつけて、
生姜のすりおろしを乗っけるのが定番。

P_20180107_112323

横浜のそごう美術館で開催されている、
池田重子のきものコレクションを観にでかけた。
(着物でね(^^♪)
明治・大正・昭和初期の着物や、
帯どめなどの小物類が展示されていて、
その豪華さはもちろんだけど、
1人の持ち物とは思えないほどの着物の数。
観終わった後は、お腹一杯って感じでした。

その後、葉山にある近代美術館へ行き、
堀文子展を鑑賞。
見ていて何とも気持ちの安らぐ作品の数々。
そして建物の立地の素晴らしさ。

逗子に戻って、地元の友人と宴会。
二次会会場は友人の自宅。
舌も心も満たされた一日でした。

翌日は若干お酒が残っていましたが、
金沢文庫へでかけ、「唐物」展を鑑賞。

金沢文庫は、称名寺というお寺の境内にある博物館。
称名寺は「だるまおみくじ」が有名で、
残念ながら完売だったけど、
境内にはそこらじゅうにだるまさんがいて、
可愛かった。

P_20180108_150152

どれもいただき物のチケットで、
珍しく文化的なひと時を過ごせました(^^♪
チケットを下さった皆様に、感謝<m(__)m>
自宅で二次会をしてくれた友人に、感謝<m(__)m>

 


親族親睦会

2017年12月11日

毎年のように行われていた、
亡くなった義兄の親族との親睦旅行
今年はお孫さん出産ラッシュのため繰り延べになったのだけれど、
義姉が、じゃあ内々だけでも、というので、
我が家とお義姉さんの家族だけで、
伊豆の土肥へ。

P1000320

お昼はまたまた亮月さんへ。

P1000331

おやつには、石舟庵の函南店だけで販売している「朝のプリン」。
丹那の牛乳を使っていて、とろける旨さ!

お宿は土肥の「湯の花亭」。
館内は全て畳敷きで、
スリッパを履かないから、
お風呂で履き違えるストレスと無縁。
露天風呂にも畳が敷き詰められている。
お宿の夕飯は、土肥の海の幸満載。

P1000325

朝食もなかなかの充実ぶり。
山で採れる自然薯があるのが嬉しい。

P1000330

帰り道では、新しくできた道の駅、
ゲートウェイ函南に寄って、
函南の名産のトマトとわさびを使ったジェラートを堪能。

P1000333

明日の体重計が怖い(^_-)-☆


びっくりするほど近かった浦和

2017年12月4日

友人が、大学の合唱部のコンサートにOB参加するというので、
初めて浦和に出かけてきました。
えー、日曜だし浦和遠いしー!と言うと、
コンサート5時に終わるから、7時前にはしぇんろん(藤沢)で飲めるよ。
という絶妙な誘い方。
イチコロで、出かけて行ったのでした。

P_20171203_115352

1時間ちょっとで浦和に着く。
驚きの近さ(@_@)
昼ごはんに、名物のうなぎを堪能。
駅からほど近いところにある「満寿家」さん。
ちゃんとお座敷に通してくださるので、
旅気分も盛り上がります(^^♪
ミルで挽きたての山椒が食欲をそそります。
大満足(^^♪

P_20171203_125034

その後腹ごなしに調神社へ詣でる。
ここは狛犬ならぬ狛兎がいることで有名。

P_20171203_140649

おやつには、「ときわだんご」さんで、
糸切だんごを濃い目のお茶でいただいた。

P1030264

コンサートは、現役のメンバーの演奏が中心だったが、
最後に、OB・OGを交えて総勢84名の合唱は圧巻だった。
大学を離れても、こういう形で一堂に会することができるって、
うらやましいなと思いました。

で、そのあとは藤沢に取って返して、
友人の言葉通りしぇんろんさんで日本酒を堪能。
いい一日だったなー(^^♪


土日の伊豆は殺人的混雑

2017年11月26日

お気に入りの旅館、伊豆稲取の「壬生の庄」が、
この土曜日だけ、なぜかとってもお安くなっていたので、
出かけて行ったんですが、
休日の伊豆を甘く見ていました(^_-)-☆
やはり行きも帰りも大混雑で、
いやー、へとへとに疲れて帰ってきました。

でもやっぱりお宿は最高で、
お料理もおもてなしも、素晴らしかったです。
同じお料理でも、夫と私は違う趣の器に盛られていて、
見た目だけでもとても味わい深い。
お酒も、以前来た時にアンケートに、
もう少し地元の地酒(純米酒)が楽しめるとうれしいと書いたら、
種類が2種類増えていて感激でした(#^^#)

P1000317

さらにこの朝食が素晴らしい(^^♪

P1000319

そして、以前見つけた美味しいお蕎麦屋さん「亮月」。
今回も行きましたが、限定メニューで、
ゴマダレがあったのですが、
これが、予想を超える美味しさ。
季節限定ということでしたが、
通年お願いできないでしょうかー。

混雑したこと以外は、
大満足の伊豆の旅でした(^O^)/


二胡と三味線のコンサートIN小松

2017年11月19日

小松での二胡の演奏会。
今回で3回目。
私が司会を務めるのも3回目。

隣の美女が、二胡演奏者の王秀華さん。
今回の演奏会は「こまつ着物を愛する会」という団体が後援してくださっているため、
私も着物で出かけました。
会場内は、着物女子・男子であふれ、とても華やかでした。
中でも、着物を着て来られた中国の美女たちが圧巻で、
皆さん自分で着付けもされて、着物にも詳しくて、脱帽でした。
途中、1回チャイナドレス(スーツ)に着替えました(#^^#)
20年前に作ったもので、膝上のスカートが、かなり恥ずかしかったー(^_-)-☆

翌日は雨の中、小松の町を散策。
和菓子屋さんがすごくたくさんあって、
立ち寄る先々で、お茶と和菓子を出してくださるので、
2軒回っただけでも、お腹いっぱい(^^♪
小松の人って、あったかいなー(#^^#)

お昼は、王先生と主催者の友人と3人で、
小松の中国茶専門店「清華茶荘 」で、
中国粥のランチをいただいた。
疲れた体に優しく染みわたる、心まで癒されるひと時でした。

帰り、金沢からの新幹線の時間に少し余裕があったので、
偶然駅ビルで開催されていた、金箔塗体験をしてみました。
お箸に金箔を貼るのが、想像以上に難しかったー。
海外からの旅行者さんたちは、何膳も作っていましたが、
いいお土産になりますよねー(^^)/
これが600円で体験できるのは、とーってもお得(^^♪

P_20171118_160331

その後、駅ビルの地酒蔵という日本酒ショットバーで、
熱燗を一杯やって、疲れをいやして帰りました(#^^#)
とーっても疲れたけど、楽しかったー(^^♪


鎌倉でトレッキング

2017年11月7日

今日は鎌倉で健康講座を開催。
北鎌倉で集合して、山の中へ分け入る。

当初、有名なお寺の知られざる景色を歩く予定が、
余りにもいいお天気なので、ガイドさんが山への道を提案。
参加者の皆さんの賛同が得られたので、
ちょっと険しい道をトレッキング。

途中で、昔の羽子板の羽突きの玉に使われた、
無患子(むくろじ)の種を拾ったり、
ヨガインストラクターでもあるガイドさんの指導で、
葛原岡でヨガをしたり、
早くも真っ赤に染まった紅葉を堪能したり、
木の根がボコボコの急坂をロープを伝って降りたり、
鎌倉の知られざる楽しみ方を堪能しました。

それにしても、参加者の皆さんの健脚ぶりにはびっくり。
引率している私の方がへばりそうでした(^_-)-☆
お仕事だけど、楽しかったー(#^^#)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。